最も効率的・安全な名刺の管理方法とは?

昔から名刺管理の定番方法といえばファイル管理ですが、共有範囲が狭い上に場所を取り、保管場所によっては誰でも見られてしまうのでセキュリティも甘いことが問題。近年はデジタル化&クラウド化が進み、個人管理から「オンラインで社員同士が繋がる&便利なシステムを活用する管理」に変わってきています。

最も効率的で安全な管理方法とはどんなものなのか、分かりやすく並べてみました。

低コスト

セキュリティ

管理のしやすさ

       
法人向けソフト ○ ◎ ◎
アウトソーシング △ ○ △
手入力 ○ △ △
ファイリング △ △ △
無料個人向けアプリ ◎ ○ ○

3つの観点から見ておススメは?

コスト面では、やはり無料の個人向け名刺アプリが一番。ですが、その他は法人向けソフトに軍配が上がります。クラウドの外部サーバーは強固なセキュリティを構築しているものが多いですし、データ共有で全ての部署の名刺を一元管理・情報共有できるので、社内全体の名刺管理が楽になります。

そこでこのサイトでは、法人向けの名刺管理ソフトをコスト・登録のスピード・登録できる枚数などを徹底的に比較しました。

より効率的に名刺を管理したいとお考えであれば、ぜひ一度ご確認ください。

イメージ

評判の名刺管理ソフト一覧

ここでは既に名刺管理を導入している会社から評判の高いソフトを厳選してご紹介しています。価格や機能、名刺情報の精度・登録速度なのは各々違うので、貴社に合うサービスはどれか、じっくり比較検討をオススメします。

CAMCARD BUSINESS

CAMCARD BUSINESS_webキャプチャ

公式サイトへ

価格

月額1,400円~

名刺登録
速度
(OCR)

最短5秒

自動入力とオペレーターによるデータ補正を合わせて最短5分で登録完了!しかも精度はほぼ100%です。

もっと詳しく

Sansan

Sansan_webキャプチャ

公式サイトへ

価格

月額3,500円~

名刺登録
速度
(OCR)

最短翌営業日

オペレーターによる入力&確認の徹底でデータの正確性を担保しています。テレビCMなどで知名度も抜群。

もっと詳しく

メイシー

メイシー_webキャプチャ

公式サイトへ

価格

月額1,980円~

名刺登録
速度
(OCR)

500枚で1週間

自分で撮影・情報修正する必要はなし、溜まった名刺をメール便で送るだけで、自動的にデータベース化可能。

もっと詳しく

OCR:名刺をスマホで撮影し、その中に含まれている文字データを自動認識すること。

その他の名刺管理ソフト一覧

貴社に最適な名刺管理方法とは?

現在あなたの会社ではどんな名刺管理方法を導入していますか?その方法が業務スタイルに合っていれば名刺管理方法を変更する必要はありません。もし名刺管理に苦労しているなら、今とは別の管理方法を実践してみましょう。

ファイルで管理

効率面で敬遠されがちなアナログ管理ですが、少人数・少枚数なら有償管理ツールを導入するより省コストで使いやすいケースもあります。

詳しく見る >

エクセルで管理

多くの人が使用経験のあるツールなので、導入説明なしでOK。多くのメンバーで共有すると上書きやデータ消去などのリスクがあります。

詳しく見る >

アプリで管理

スマホで写真を撮り、クラウドサーバー上に自動OCRデータ&画像を残す方法。費用は掛かりませんが、複数人での活用は難しいケースも。

詳しく見る >

ソフトで管理

部署・会社単位で名刺情報を共有できる。データはアプリ同様クラウド保存で紛失や盗難の心配もない。便利なサービス連携も魅力的。

詳しく見る >

アウトソーシングでデータ化

名刺を一度にデータ化したい方向け。単なるデータ化だと活用しづらいため、名刺管理ソフトを経由して依頼するのがオススメ。

詳しく見る >

知っておきたい名刺管理ソフトの基礎知識

もはや常識?
名刺のデータ化

名刺をデータ化して管理するメリットとはどのようなことでしょうか。詳しく解説しています。

セキュリティに
問題はないか

クラウド型のサーバーで顧客情報の管理をするため、セキュリティへの取り組みは重要。各ソフトの対応を紹介しています。

文字認識機能
(OCR)とは?

名刺管理ツールに必須のOCR。オペレーターの入力とどのように違うのでしょうか。また、高精度を維持する方法とは?

無料のアプリと有償ソフトは
どう違う?

法人向けソフトを導入するメリットを紹介しています。名刺は無料アプリで管理すれば良い、と思っている方必見です。

専用スキャナは
必要?

名刺の読取には専用のスキャナは必要なのでしょうか。スキャナが無い場合でも名刺管理ソフトを使う方法を紹介。

営業先で
確認するには?

名刺管理ソフト導入のメリットに外出先でも閲覧できる点があります。名刺情報をどのように呼び出すのでしょうか。

何ができる?
名刺管理ソフトの機能

名刺管理ソフトは単に顧客データを1つにまとめておくためのものではありません。自社業務の効率化に役立てる、新しい人脈・顧客を発見するなど、様々な角度から人脈ネットワークを活用していきましょう。名刺ソフト単体でも、これだけの機能が利用できます。

名刺のデータ化・管理

顧客情報を一元化し管理しやすくなるほか、社内での情報共有、紛失や盗難の防止、省スペースも期待できます。

営業支援

スマホからワンタップで地図や電話にジャンプしたり、履歴で全てのやり取りを把握。見込み顧客発掘も可能です。

人事情報管理

社内ネットワーク表示・組織図自動生成などの機能で、自社社員と相手の会社の関わりが視覚的に見えてきます。

名刺管理ソフトと連携できるシステム一覧

Salesforce

世界中で使われているクラウド顧客管理。場所を問わず利用でき、精度の高い営業支援が出来ます。

Microsoft Outlook

オンライン化が進むサービスのひとつ。名刺管理ソフトと連携するとOfficeやSkypeでも情報を活用できます。

Google Contacts

Google内サービスで利用する連絡先を一元管理。Appsならチーム内で連絡先共有も可能です。

筆まめonline

はがきの宛名・裏面を作成可能。季節のこまめな挨拶状や、新商品の案内DMなどにも活用可能です。

kintone

Salesforceに近い営業支援・プロジェクト管理アプリですが、国産の強みがあります。

名刺管理ソフトの導入・活用事例

名刺情報の横展開が可能に

会社体制変化で営業の顧客対応が10倍に!業務改善のため名刺管理ソフトを導入したら嬉しい効果が…

more

データの一元管理ができた

バラバラだった管理体制を一元化し、まとめて顧客情報を発信可能に!社員の情報共有も増えました。

more

スタッフ全員に取引先情報を提供

各事業ごとに分かれていた取引データを集約することで、前回の対応が把握でき業務がスムーズに。

more

英語の名刺にも対応してくれた

海外支社との取引が多く英語の名刺の扱いに苦労していたが、高精度のOCRで全て読み込んでくれる!

more

評判の名刺管理ソフト
BEST3

1位
  CAMCARD
BUSINESS
価格
1ヶ月/1ID
最安1,400円~
登録
スピード
最速最短5秒
登録可能
枚数
無制限

公式サイトへ

2位
  Sansan
価格
1ヶ月/1ID
3,500円~
登録
スピード
翌営業日
登録可能
枚数
50枚まで無料

公式サイトへ

3位
  メイシー
価格
1ヶ月/1ID
1,980円~
登録
スピード
500枚で1週間
登録可能
枚数
1ユーザー2500枚

公式サイトへ

【免責事項】

当サイトの情報は信頼できる情報に基づき提供・更新しておりますが、
正確性・有効性・完全性への保証はいたしかねます。