ビジネスのチャンスを逃さない 名刺管理のオキテ

賢い会社は導入済!名刺管理で業務効率がUPする理由、解説します

HOME » 名刺管理ソフトの導入・活用事例 » 英語の名刺にも対応してくれた

英語の名刺にも対応してくれた

グローバルな取引をしている会社では、外国人スタッフの名刺を貰う事もあるでしょう。そんなときに多言語対応してくれる名刺管理ソフトを使っていると、誰の名刺でもスマホ撮影するだけで正確にデータを記録!海外支社ともリアルタイムで共有ができます。

海外事務所と情報共有するので多言語対応は欠かせない

今回ご紹介するのは「シンタック・グローバル」の事例。コンサルティングやマーケティングなどのエキスパートやスペシャリストで構成されたチーム単位で顧客の悩みを改善する業務を行っています。

これまでの名刺管理は個人単位。アメリカ事務所ではSalesforceを使っており、その他の事務所はエクセルで管理していて、せっかく導入したSalesforceがあるのに使いこなせていないのが勿体無かったとのこと。そこで、Salesforceに対応可能かつ、自社の要望を満たせる名刺管理ソフトを探し、見つけたのがCAMCARD BUSINESSです。

まず1つ目の要望は言語の多様性。同社ではアメリカ・イギリスの英語圏に加えて北京にも事務所があるので、グローバルな文字認識が必要でした。その点CAMCARDは16言語対応で誤字もかなり少なく、保存しておける名刺の画像もキレイで自動トリミングされるので使いやすいです。

そして各事務所にある情報をいつでも閲覧できること。機械認識でタイムラグもないので、国を跨いでもスピーディーなやり取りが可能です。メモ・スケジュールを残しておけばフォロー抜け・漏れもなくすべての顧客の要望に的確に答える事ができています。また、様々な国籍のスタッフが使用するので出来る限りシンプルで使い勝手の良いものを、という希望にもマッチしていました。

これらのポイントも勿論重要でしたが、一番の決め手は価格。1ID月額1,200円は他社の一番安いプランよりもかなりお得ですね。同社は各事務所ごとに管理メンバー1~2名体制にしているようなので、4支社でもたった6IDで運用できています。


グローバル展開している企業や、海外取引の多い企業の名刺管理は、多言語対応が必須。海外支部などともリアルタイムで情報共有が出来るので、国境の壁を感じさせない取引が出来ます。

また、国内でも外国人を多く受け入れている会社と取引をしている会社などにも多言語の名刺管理ソフトはオススメです。

評判の名刺管理ソフト
BEST3

1位
  CAMCARD
BUSINESS
価格
1ヶ月/1ID
最安1,400円~
登録
スピード
最速最短5秒
登録可能
枚数
無制限

公式サイトへ

2位
  Sansan
価格
1ヶ月/1ID
3,500円~
登録
スピード
翌営業日
登録可能
枚数
50枚まで無料

公式サイトへ

3位
  メイシー
価格
1ヶ月/1ID
1,980円~
登録
スピード
500枚で1週間
登録可能
枚数
1ユーザー2500枚

公式サイトへ

【免責事項】

当サイトの情報は信頼できる情報に基づき提供・更新しておりますが、
正確性・有効性・完全性への保証はいたしかねます。