ビジネスのチャンスを逃さない 名刺管理のオキテ

賢い会社は導入済!名刺管理で業務効率がUPする理由、解説します

HOME » 名刺管理ソフトの導入・活用事例 » データの一元管理ができた

データの一元管理ができた

名刺管理ソフトに求める最大のポイントが「データの一元管理」です。それぞれ個人の裁量に任される事が多い取引先・顧客の名刺ですが、一元管理をすることで業務効率がぐんと上がったり、思わぬ営業機会を得る事ができたという会社も多いんですよ。

各個人が管理する大量の名刺もすぐにデータ化

今回ご紹介するのは「株式会社ベンチャー広報」の事例。ベンチャー企業向けのPRエージェントとして、攻める広報を得意としています。

これまでは名刺の管理は社員の裁量に任されており、個人用名刺アプリを使ったり、エクセルにデータ化、箱やファイルにそのまま保存、という人もいる状況でした。業務上、案件によってはアプローチする先のメディア情報を共有する事もあるため、顧客データを一元管理すべきだとは常々思っていましたが、名刺の枚数が多いので悩んでいたそうです。

いくつか名刺管理ソフトを試用しましたが、CAMCARD BUSINESSは読み込みスピードが超高速ながらメールアドレス・電話番号の認識制度がかなり高め。早速社員全員にアカウントを付与し、自分の持っている名刺をこれで管理してもらうことにしました。登録はスマホで撮影するだけなので、導入してすぐに社内の全ネットワークを一元管理することに成功しました。

さらに、どのクライアントといつ会ったのかなどの情報もメモに残せるため、クライアントの要望に沿ってより効率よいアプローチが可能になりました。以前から悩んでいたメディア情報共有時も、複数の名刺データをエクスポートすれば良いだけなのでかなり業務時間の無駄が省けています。

また、メディア記者の方が募集しているネタを自分以外のメンバーに共有することで、思わぬクライアント案件で取り上げてもらえたというケースもありました。以前の情報共有スタイルではあり得なかった事例だそうです。


企業内で管理者を立てなくても、各個人で登録・管理したものがデータベース化されていくので、人手が足らない小さい会社にこそ使ってもらいたいサービスです。名刺管理が面倒、億劫だけど必要に迫られているなら「CAMCARD BUSINESS」を試す価値はきっとあると思います。

評判の名刺管理ソフト
BEST3

1位
  CAMCARD
BUSINESS
価格
1ヶ月/1ID
最安1,400円~
登録
スピード
最速最短5秒
登録可能
枚数
無制限

公式サイトへ

2位
  Sansan
価格
1ヶ月/1ID
3,500円~
登録
スピード
翌営業日
登録可能
枚数
50枚まで無料

公式サイトへ

3位
  メイシー
価格
1ヶ月/1ID
1,980円~
登録
スピード
500枚で1週間
登録可能
枚数
1ユーザー2500枚

公式サイトへ

【免責事項】

当サイトの情報は信頼できる情報に基づき提供・更新しておりますが、
正確性・有効性・完全性への保証はいたしかねます。