ビジネスのチャンスを逃さない 名刺管理のオキテ

賢い会社は導入済!名刺管理で業務効率がUPする理由、解説します

HOME » 評判の名刺管理ソフトを徹底比較! » アルテマブルー

アルテマブルー

アルテマブルーはカメラや複合機などに強いキャノンが開発した名刺管理サービスなので、OCRの認識精度に期待大。また、クラウド環境のカスタマイズ・プライベート化など細かな要望にも柔軟に答える技術力を持っていますが、システム連携費用はやや不親切です。

大企業開発の名刺管理ソフト、クラウド環境もプライベート化可能

費用 初期費用 5ID以上の場合:0円
5ID未満の場合:100,000円(人事異動ニュース機能なし)
月額 2,500円/1ID
初回契約IDは12ヶ月縛りあり
追加オプション

ゼロモード(OCRのみ):0円
フルモード(人力OCR):50円/1枚
追加ストレージ:月額500円/1ID
アルテマメール(メルマガ配信):10,000円/月5,000通~
IP制限:50,000円/1回

その他 Microsoft Dynamics CRM連携:月額100,000円~
kintone連携:月額12,000円~
Salesforce連携:月額100,000円~
KAITO for アルテマブルー(セキュアブラウザ):月額500円
登録限度枚数 不明
登録完了までの
スピード
自動OCR/スピード不明
読み取り方法 スマホで撮影、スキャナ(TWAIN規格対応製品、ScanSnap、キャノン複合機)
利用可能端末 スマートフォン、タブレット、パソコン
対応言語数 記載なし
主な連携
サービス
Microsoft Dynamics CRM、Salesforce、kintone、KAITO、ウェブポ、Digital POST

アルテマブルーなど評判の名刺管理サービスを徹底比較!

アルテマブルーの特徴

キャノンの名刺管理サービス「アルテマブルー」の最大の特徴は、クラウド空間をプライベートなものにできること。全ての会社が同じシステムではなく、自社専用モデルを構築・運用していく事が可能になります。他社サービスでは根本部分は変更することはほぼ出来ませんよね。特殊なデータを読み込ませたり、自分達が一番使いやすい形へカスタマイズしたり、などなど無限の可能性を秘めています。

また、セキュリティ対策も万全。IDに紐づくパスワードポリシーを任意に変更できる(文字数、有効期限、文字の種類など)ほか、スマホやタブレットからの接続をよりしっかりと監視したい方向けに専用セキュアブラウザKAITOを提供。端末にデータを残さず、接続先サイト・接続端末を制限できるブラウザなので、思いがけずウイルスに引っかかり流出…などのイージーミスもしっかり防ぎます。

ここまでは良いのですが、CRMソフトと連携させようと思った際には費用面でやや難あり。他社サービスが無料でできるのに対し、アルテマブルーでは月額10万円から!年間120万+ID課金はなかなか痛いものがありますね。実際名刺管理で出来る内容は他社と大差ないですから、どうしてもクラウド環境をカスタマイズしなければ自社では名刺管理が使えない、という場合にのみ検討するかも…?というサービスです。

評判の名刺管理ソフト
BEST3

1位
  CAMCARD
BUSINESS
価格
1ヶ月/1ID
最安1,400円~
登録
スピード
最速最短5秒
登録可能
枚数
無制限

公式サイトへ

2位
  Sansan
価格
1ヶ月/1ID
3,500円~
登録
スピード
翌営業日
登録可能
枚数
50枚まで無料

公式サイトへ

3位
  メイシー
価格
1ヶ月/1ID
1,980円~
登録
スピード
500枚で1週間
登録可能
枚数
1ユーザー2500枚

公式サイトへ

【免責事項】

当サイトの情報は信頼できる情報に基づき提供・更新しておりますが、
正確性・有効性・完全性への保証はいたしかねます。